BLOG

名古屋での外構づくり~ウッドデッキ編~

2019/02/11
ウッドデッキ

名古屋での外構づくり~ウッドデッキ編~

雰囲気の良い住まいの空間をつくる上で、室内とお庭をつなげる役割を果たしてくれるのがウッドデッキです。
私もウッドデッキの良さを感じることがよくありますので、お庭の空間づくりの際はよくご提案をしていますし、大きさや形状にある程度の自由度があるのが提案者としてとても助かります。
所がそんなウッドデッキも、つくり方によってはかえってお庭を狭く感じさせることがありますので気を付けなければなりません。
場合によっては「中途半端な大きさのデッキならつくらない方が良いというようなケースもあるのではないでしょうか。
例をあげましょう。
例えば、奥行で4mのお庭に2mデッキをつくる場合。
デッキをつくることで残った2mのお庭スペースが使いにくくなってしまうケースがあるのです。ですので、

〇思い切って目一杯の4mサイズでつくって、中途半端なスペースを残さないようにする

〇デッキの代わりに短いステップをつくって、下りた庭スペース広くつかう

といった考え方の方がスペースに無駄が出来ず、空間を有効活用できたりします。

つまりウッドデッキをつくる際はウッドデッキだけではなく「それによってどんなスペースが残るのか」を同時に考えることがポイントとなります。

お家を新築する際に高い割合で検討されるデッキですが、つくり方によってはデメリットも起こりますので慎重にご検討を頂けると良いかもしれません。

(有)デザインループ
〒470-0104愛知県日進市岩藤町一ノ井893-2
TEL/FAX0561-76-3986
日進本店 岡本