BLOG

名古屋での外構づくり

2018/07/20

名古屋での外構づくり

快適な住い空間に誰でもあこがれを持つものですね。
お気に入りのインテリアや外構は、日々の生活を送る上で私達の気分に少なからず影響を与えてくれるものです。
インテリアにくらべ、イメージを持ちにくい外構。そもそも外構とは何でしょうか。

新たにブログを始めるにあたり、ここから数回に分け、我々デザインループの考える外構、また名古屋のような街でより良い外構づくりをするヒントについてお伝えをしていきたいとおもいます。

〇家づくりには欠かせない外構工事ですが、そもそも外構とはなんでしょうか。
住宅を空から見ている様子を思い浮かべて下さい。敷地の中で家を除いた余白のスペースが外構と呼ばれる空間となります。

外構には敷地の境界を作る塀や生垣、駐車場や門周り、玄関へのアプローチなどが含まれます。お庭や花壇スペースを外構と切り離す考え方があるかもしれませんが、実際の住空間では隣り合ったり繋がったりしており密接に関係するものです。
大枠の意味でお庭や花壇スペースも外構に含まれると言って良いでしょう。

〇将来を見据えた外構づくり
外構づくりのタイミングとして最も多いのが家を造る時かと思います。
家族の成長と共に変化する生活スタイル。
住み始めた時だけのスタイルに合わせるのではなく、将来の可能性を考えながら出来るだけ造り直すこと無いよう計画したいものです。例えば
・車の台数
・自転車の台数 等は家族の成長と共に変わりやすいものです。
また、子育てなどで時間の余裕がない中での植物や芝生のメンテナンスは負担となるかもしれませんが、将来余裕が生まれてこれば、ガーデニングや野菜づくりなどを楽しむ事ができます。
折角の自分達の空間です。やはり自分たちの生活に合わせ、永い間「活きた空間」としてつかい続ける事が理想ですよね。 次回へ続く・・・


有限会社デザインループ【日進本店】
岡本雅孝
〒470-0104 愛知県日進市岩藤町一ノ井893番2
TEL・FAX 0561-76-3986   E-mail loop0429garden@chime.ocn.ne.jp